中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.13 10:05

エルコンドルパサーで凱旋門賞2着 二ノ宮調教師が勇退(1/3ページ)

2月末での勇退が発表された二ノ宮敬宇調教師

2月末での勇退が発表された二ノ宮敬宇調教師【拡大】

 JRAは13日、1999年のエルコンドルパサー、2010年のナカヤマフェスタと2度にわたって仏GI凱旋門賞2着を経験するなど、多くの名馬を育ててきた二ノ宮敬宇(よしたか)調教師(65)=美浦=が今月いっぱいで勇退すると発表した。

 二ノ宮師は、牧場勤務を経て、1978年に橋本輝雄厩舎の調教助手として競馬界入り。90年に調教師免許を取得して、厩舎を開業した。98年にエルコンドルパサーで共同通信杯を制して重賞初勝利を果たすと、NHKマイルC、ジャパンCも勝ってトップトレーナーの仲間入り。99年には同馬で約半年におよぶフランス遠征を敢行し、仏GIサンクルー大賞優勝、凱旋門賞2着など実績を残して、世界にその名をとどろかせた。

【続きを読む】

関連

  • 1999年の凱旋門賞で2着となったエルコンドルパサー(左)