【危ない人気馬】テルペリオンは3着

2018.2.13 17:02

【危ない人気馬】13日(火)

 危険! 【月曜小倉11R・門司S】 (6)テルペリオン

 500万下→1000万下を連勝し、準オープン2走目の前走で小差2着。将来有望な4歳馬だ。今回は500万クラスを卒業した舞台で、1週前には坂路4ハロン51秒6-11秒9(一杯に追う)の好タイム。人気になるのは当然。ただし、カルムパシオン、サンライズウィズ、ミキノグランプリ、アスターゴールドと前走でハナを切った馬がそろっており、先行勢にはかなりハードな展開が予想される。陣営は番手のほうが切れを引き出しやすいとみているようだが、これだけ先行馬がいると兼ね合いは相当難しいだろう。さらにハンデ戦。例えば、上位人気に推されそうなショートストーリーには3走前に勝っているが、斤量が2キロ軽かった。それが今回は逆に1キロ重い56キロ。そう簡単におさまりそうにない。

※結果…1番人気に推された(6)テルペリオンは好スタートから4番手に控えました。やはり、激しい先行争いに巻き込まれるのを避けたのかもしれません。それでも早めに仕掛けて4コーナー手前で先頭に立ちましたが、伸び切れずに3着。「そう簡単におさまりそうにない」との見立ては当たっていましたね。ただ、前走(2着)に続いて馬券に絡んでいるので、楽に先行きるメンバー構成だった場合などは当然、見直しが必要でしょう。

閉じる