中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.12 15:54

【クイーンC】テトラドラクマが逃げ切って重賞初V(1/2ページ)

逃げ切って重賞初Vを飾ったテトラドラクマ。桜戦線にニューヒロインが誕生した

逃げ切って重賞初Vを飾ったテトラドラクマ。桜戦線にニューヒロインが誕生した【拡大】

 2月12日の東京11Rで行われた第53回クイーンカップ(3歳オープン、牝馬、GIII、芝1600メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3500万円)は、好スタートからハナを奪った3番人気テトラドラクマ(美浦・小西一男厩舎)が田辺裕信騎手騎乗に導かれ、力強く逃げ切った。重賞初制覇で、タイムは1分33秒7(良)。中団から伸びてきたフィニフティ(5番人気)が3/4馬身差の2着に入り、2番手につけていたアルーシャ(7番人気)がさらに1馬身3/4離れた3着だった。1番人気マウレアは3番手から直線で最内を突いたものの、伸びを欠いて5着。

【続きを読む】

関連

  • 逃げ切って重賞初Vを飾ったテトラドラクマ
  • 逃げ切って重賞初Vを飾ったテトラドラクマ
  • 逃げ切って重賞初Vを飾ったテトラドラクマ
  • 逃げ切って重賞初Vを飾ったテトラドラクマ(右)
  • クイーンカップを制したテトラドラクマ
  • 逃げ切って重賞初Vを飾ったテトラドラクマ
  • クイーンカップを制した田辺裕信騎手(右から2番目)
  • 自身の誕生日を勝利で飾った田辺裕信騎手
  • 自身の誕生日を勝利で飾った田辺裕信騎手
  • 自身の誕生日を勝利で飾った田辺裕信騎手