中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.12 05:03

【共同通信杯】レースを終えて…関係者談話

共同通信杯3着のエイムアンドエイドとF・ミナリク騎手

共同通信杯3着のエイムアンドエイドとF・ミナリク騎手【拡大】

 ◆ミナリク騎手(エイムアンドエンド3着) 「いいリズムで走れた。直線は手応えがよく、ワクワクしたほど。最後まで諦めないで走ってくれたね」

 ◆田辺騎手(ゴーフォザサミット4着) 「ゲートを出て寄られて、行き脚がつかなかったが、ゴーサインを出してからの反応はよかった」

 ◆内田騎手(カフジバンガード5着) 「長くいい脚を使ったが、最後は力でねじ伏せられた感じ」

 ◆松永幹調教師(ブラゾンダムール6着) 「上手に流れに乗れていたが、直線は左にもたれて追いづらそうだった」

 ◆柴田大騎手(コスモイグナーツ8着) 「ハミを替えて、道中も我慢できていた。内容は悪くない」

 ◆浜中騎手(アメリカンワールド9着) 「初めての左回りで、コーナーを逆手前で走ったり、直線でもたれたりしていた」

 ◆中谷騎手(ステイフーリッシュ10着) 「反応がなかった。体も(12キロ)減っていたし、目に見えない疲れがあるのかも…」

 ◆丸田騎手(トッカータ11着) 「メンバーは強かったが、今までの中で一番上手に走れていた」

 ◆吉原寛騎手(リュウノユキナ12着) 「初めての左回りに戸惑っていた」

★11日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら