中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.12 05:02

【京都記念】クリンチャー、GI馬4頭撃破!(1/3ページ)

クリンチャー(左)がひと皮むけた内容で重賞初V。レイデオロ(6番)はまさかの3着に敗れた (撮影・榎本雅弘)

クリンチャー(左)がひと皮むけた内容で重賞初V。レイデオロ(6番)はまさかの3着に敗れた (撮影・榎本雅弘)【拡大】

 第111回京都記念(11日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6200万円=出走10頭)藤岡佑介騎乗で4番人気のクリンチャーが、中団のイン追走から直線で力強く伸び、重賞初制覇。父ディープスカイ産駒にとっては、芝で初の重賞勝ちとなった。タイム2分16秒3(重)。1馬身差2着はアルアインで、圧倒的人気に推された昨年のダービー馬レイデオロは3着に敗れた。

【続きを読む】