中央競馬:ニュース中央競馬

2018.1.30 19:14

【川崎記念】レース展望(7/8ページ)

中央・地方合わせてGI3勝の実績を誇り、このレースも2年連続で2着に好走しているサウンドトゥルー

中央・地方合わせてGI3勝の実績を誇り、このレースも2年連続で2着に好走しているサウンドトゥルー【拡大】

★南関の名手で復活なるかグレンツェント

 昨年の東海Sで2度目の重賞制覇を果たして以降、1年以上勝利から遠ざかっているグレンツェント(美浦・加藤征弘厩舎、牡5歳)は、昨秋のJBCクラシック以来2度目となる南関東の名手・森泰斗騎手とのコンビで復活を図る。

 デビュー当初のグレンツェントは、世代トップクラスの評価を受けていた。芝の新馬戦こそ5着止まりだったものの、ダートに路線変更してからはオール3着以内という成績を維持しながらレパードS、東海Sと重賞を2勝。GIの舞台での活躍を期待されていたが、近4走は9、10、5、10着と大敗が続いてしまった。

 そんな中で今回の鞍上に選ばれたのが、船橋競馬所属の森泰斗騎手。初コンビとなったJBCクラシックでも5着とそれなりの形にはなったが、半年ぶりの復帰戦だったことや、2度目で馬の感触をわかっている上積みも考えれば、当時以上の走りを見せてくれる可能性は高そうだ。

【続きを読む】