中央競馬:ニュース中央競馬

2018.1.29 18:20

【東京新聞杯】レース展望(2/5ページ)

今回と同舞台のヴィクトリアマイルを制しているアドマイヤリード。牝馬が出走した年は連勝中でもあり期待は大きい

今回と同舞台のヴィクトリアマイルを制しているアドマイヤリード。牝馬が出走した年は連勝中でもあり期待は大きい【拡大】

 牝馬ではリスグラシュー(栗東・矢作芳人厩舎、4歳)も注目の的だ。GIは未勝利ながら阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞、秋華賞と2着が3回もある。マイルでは5戦して東京のアルテミスSを勝ち、2着3回、3着1回。今回も上位争いが十分期待できる。

 牡馬勢ではクルーガー(栗東・高野友和厩舎、牡6歳)の安定ぶりが目立つ。一昨年のマイラーズCで重賞初制覇を飾った後、骨折で休養。復帰戦となった昨年のマイラーズCは10着に終わり、再び秋まで休養に入ったが、富士S3着(0秒4差)、マイルチャンピオンシップ7着(0秒3差)と僅差に好走。今年初戦の京都金杯でも、トップハンデタイの57.5キロを背負いながら2着と力を示した。以前に比べて体質が強化されたことで調教の質、量ともにアップ。中間の動きも前走以上のものがあり、2つ目のタイトルへ視界は明るい。

【続きを読む】