中央競馬:ニュース中央競馬

2018.1.29 18:20

【東京新聞杯】レース展望(1/5ページ)

今回と同舞台のヴィクトリアマイルを制しているアドマイヤリード。牝馬が出走した年は連勝中でもあり期待は大きい

今回と同舞台のヴィクトリアマイルを制しているアドマイヤリード。牝馬が出走した年は連勝中でもあり期待は大きい【拡大】

 東京開催2週目の日曜メインは東京新聞杯(2月4日、GIII、芝1600メートル)。例年、同舞台で行われる古馬GIヴィクトリアマイル(5月13日)、安田記念(6月3日)を見据える強豪馬が集い、マイル路線を占う注目の一戦だ。過去10年、1番人気が【0・1・2・7】と不振で、馬単万馬券が5回も出ている。馬券的な妙味もたっぷりあるレースだ。

 アドマイヤリード(栗東・須貝尚介厩舎、牝5歳)は昨年のヴィクトリアマイルの勝ち馬。後方を進んだ前走の府中牝馬Sは直線で前が壁になって大外まで持ち出す不利がありながら、メンバー最速の上がり3ハロン32秒9の脚を繰り出して3着まで追い上げた。持ち前の末脚が生きる東京コースはぴったり。GIを制した舞台で重賞2勝目を狙う。2014年ホエールキャプチャ、16年スマートレイアーと、牝馬が出走した年は連勝中でもあり、期待は大きい。

【続きを読む】