中央競馬:ニュース中央競馬

2018.1.13 15:38

【愛知杯】6番人気のエテルナミノルが重賞初制覇(1/2ページ)

愛知杯で重賞初制覇を飾った四位洋文騎手騎乗のエテルナミノル。2着はレイホーロマンス、昨年の覇者・マキシマムドパリが3着

愛知杯で重賞初制覇を飾った四位洋文騎手騎乗のエテルナミノル。2着はレイホーロマンス、昨年の覇者・マキシマムドパリが3着【拡大】

 1月13日の中京11Rで行われた第55回愛知杯(4歳以上オープン、牝馬、GIII、芝2000メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=3600万円)は、四位洋文騎手騎乗の6番人気の54キロ、エテルナミノル(5歳、栗東・本田優厩舎)が好位追走から直線、馬場の真ん中から抜け出して重賞初制覇。タイムは2分0秒1(良)。

 半馬身差の2着には外から追い込んだ51キロのレイホーロマンス(11番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に大外から伸びたトップハンデ56キロのマキシマムドパリ(1番人気)。

【続きを読む】

関連

  • 直線抜け出して愛知杯を制した6番人気のエテルナミノル。重賞初制覇を果たした
  • 直線抜け出して愛知杯を制した6番人気のエテルナミノル。重賞初制覇を果たした
  • 直線抜け出して重賞初制覇を果たしたエテルナミノル(右)
  • 愛知杯を制したエテルナミノル
  • 愛知杯を制したエテルナミノル
  • 愛知杯を制したエテルナミノル
  • 愛知杯を制したエテルナミノル。鞍上の四位洋文騎手と右は本田優調教師
  • 愛知杯をエテルナミノルで制した四位洋文騎手(左)と本田優調教師
  • プレゼンターの磯村勇斗(左)と四位洋文騎手