中央競馬:ニュース中央競馬

2018.1.13 05:00

キタサンブラック、辻田厩務員と惜別…社台スタリオン到着(1/4ページ)

長旅を終えて新天地に到着したキタサンブラック。降り際こそ戸惑っていたが、降りればいつもの通り、辻田厩務員にひかれ堂々と歩いていた(撮影・山田康文)

長旅を終えて新天地に到着したキタサンブラック。降り際こそ戸惑っていたが、降りればいつもの通り、辻田厩務員にひかれ堂々と歩いていた(撮影・山田康文)【拡大】

 昨年12月24日の有馬記念で劇的なラストランを飾ったキタサンブラック(牡6歳)が12日、種牡馬としての生活を送る北海道安平町の社台スタリオンステーションに到着した。テレビ局をはじめ迎えた報道陣、関係者約50人が見守る中、堂々とした姿を見せた。今後は2月にスタートする種付けシーズンに向けて体調を整えていく。

【続きを読む】