【BLOOD】スタミナ兼備10Fでもデルタバローズ

2018.1.10 17:00

 今週の3歳重賞は京成杯。ホープフルSがGIになったこともあり、2歳から3歳にかけて中山芝2000メートルの重賞だらけになった感があってやや興ざめだ。朝日杯FSが阪神に行ったのだから、トリッキーな中山マイルの牡馬重賞があればいいのに、とさえ思う。

 さて、それは置いておいて本命はデルタバローズにする。

 父イントゥミスチーフはストームキャット系。母父はダンジグ系のハードスパンで、血統だけ見るとバカッ速いアメリカンな馬にも思えそうだ。ただ、父はハーランズホリデー、ハーランとつながり、ストームキャットから4代を経てそれなりに距離の融通性も出ている。

 ここは前に行きたい馬も多く、2000メートルの重賞といえどもそれなりに流れそうな感がある。新馬を勝っただけなので、まだ何ともいえないが、その初戦は重馬場の府中マイル。それなりにパワー、スタミナがなくてはこなせないはずで、ここも逃げたい馬の集団を見ながら好位置でレースを進められれば、といったところか。

 相手は同舞台の葉牡丹賞を勝ったジェネラーレウーノ。前述した逃げたい馬の1頭と思うが、スクリーンヒーローらしいスタミナにモノをいわせたレースができるかどうかだろう。

 同じく逃げたいクチのコスモイグナーツは△△とする。エイシンフラッシュの産駒は、父がヨーイドンのダービーをものすごい上がりの脚を使って制したのとは対照的に、前に行って踏ん張るタイプが多い。極端にいえば切れる脚を使った産駒がいるのかどうか、という感じ。ジェネラーレウーノとの兼ね合いいかんだが…。

 それならコズミックフォースを▲としておきたい。中山10Fへの適性は母父ネオユニヴァースから受け継いでいそうだし、何より中山得意のキングカメハメハ産駒。デルタと同じような位置から競馬ができれば、だろう。

 ◇

 日経新春杯はステイゴールド産駒のパフォーマプロミスに期待。中山のほうがよさそうだが、前走のパフォーマンスはかなりハイレベルだ。 (アサカ・リョウ)

★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

閉じる