【編集局から】藤田菜七子、自らの手で門出を祝う

2018.1.9 11:23

 8日の中山競馬場で、新成人のキュートな笑顔が弾けました。

 藤田菜七子騎手(20)=美浦・根本厩舎=は7Rでビックリシタナモーに騎乗。直線で馬名どおりの驚くような末脚を引き出し、先に抜け出していたタガノヴィッターと1着同着で2018年のうれしい初勝利となりました。前日に地元の茨城県守谷市で行われた成人式には出席できませんでしたが、自らの手で門出を祝いました。

 「成人になって少しは大人になったのかなと思います。1週目に勝てたことはよかったですし、目の前の1勝を積み重ねていきたい」と決意も新た。昨年はJRA女性騎手年間最多勝記録を更新しましたが、今年はさらなる活躍が期待できそうです。

 ナナコに負けず、夕刊フジ競馬班も正月開催で好発進。東京本紙・村瀬は中山金杯◎▲、フェアリーS3連単4万6640円◎▲△、シンザン記念3連単2万6730円◎→△△→△と3日間連続重賞V! 漆山が中山金杯3連単1万8170円◎○△、中村が京都金杯3連単1万1480円◎▲○と的中ラッシュでした。今週から再スタートする「馬券プレゼント」にもご期待ください。(夕刊フジ競馬班)

閉じる