中央競馬:ニュース中央競馬

2017.12.24 15:32

【有馬記念】キタサン有終V! 獲得賞金は歴代1位に(1/3ページ)

有馬記念を制し、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目を挙げたキタサンブラック

有馬記念を制し、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目を挙げたキタサンブラック【拡大】

 12月24日の中山11Rで行われた第62回有馬記念(3歳以上オープン、GI、芝2400メートル、定量、16頭立て、1着賞金=3億円)は、ラストランとなったキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)が武豊騎手に導かれて逃げ切って1番人気に応え、有終の美を飾った。GIは今年4勝目で、通算7勝目。2年連続となるJRA賞年度代表馬受賞へ、大きく前進した。タイムは2分33秒6(良)。3頭による激しい2着争いを制したのはクイーンズリング(8番人気)で、3着はシュヴァルグラン(3番人気)、4着はスワーヴリチャード(2番人気)。

【続きを読む】

関連

  • 有馬記念を制し、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目を挙げたキタサンブラック
  • 有馬記念を制し、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目を挙げたキタサンブラック
  • 有馬記念を制し、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目を挙げたキタサンブラック
  • 激戦が繰り広げられた有馬記念のゴール前
  • 抜群の手応えで4コーナーをまわるキタサンブラック(左)
  • 有馬記念を制し、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目を挙げたキタサンブラック。鞍上は武豊騎手
  • 有馬記念を制し、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目を挙げたキタサンブラック。鞍上は武豊騎手
  • 有馬記念を制し、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目を挙げたキタサンブラック。鞍上は武豊騎手
  • 勝利騎手インタビューで両手を上げてファンの声援にこたえる武豊騎手
  • キタサンブラックを勝利に導いた武豊騎手
  • 抱き合って優勝の喜びをともに味わう武豊騎手と北島三郎オーナー
  • 抱き合って優勝の喜びをともに味わう武豊騎手と北島三郎オーナー
  • 有馬記念を制し、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目を挙げたキタサンブラック。鞍上は武豊騎手
  • 有馬記念を制し、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目を挙げたキタサンブラック
  • 有馬記念を制し、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目を挙げたキタサンブラック
  • 有馬記念を制し、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目を挙げたキタサンブラック
  • ファンの声援に応える(左から)武豊騎手、北島三郎オーナー、清水久詞調教師
  • キタサンブラックの勝利を喜ぶ(左から)武豊騎手、北島三郎オーナー、清水久詞調教師
  • 口取り撮影に向かうキタサンブラックと武豊騎手
  • 有馬記念を制し、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目を挙げたキタサンブラック。鞍上は武豊騎手
  • 有馬記念を制し、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目を挙げたキタサンブラック
  • 有馬記念を制し、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目を挙げたキタサンブラック
  • 4着に敗れたスワーヴリチャード
  • 2着のクイーンズリング
  • 3着に敗れたシュヴァルグラン
  • 有馬記念を制したキタサンブラック。通算獲得賞金(付加賞を含む)を18億7684万3000円とし、JRA歴代トップとなった
  • 最終レース後に行われたキタサンブラック号お別れセレモニー(左から)鈴木淑子さん、北島三郎オーナー、武豊騎手、北村宏司騎手、清水久詞調教師
  • 最終レース後に行われたキタサンブラック号お別れセレモニー
  • 最終レース後に行われたキタサンブラック号お別れセレモニー
  • さよならセレモニーへむかうキタサンブラック
  • 最終レース後に行われたキタサンブラック号お別れセレモニー
  • キタサンブラックさよならセレモニーで「まつり」を歌う北島三郎オーナーと武豊騎手
  • 最終レース後に行われたキタサンブラック号お別れセレモニー