中央競馬:ニュース中央競馬

2017.12.23 15:54

【阪神C】イスラボニータがラストランで有終V!(3/3ページ)

ダンスディレクターとの叩き合いを制し、引退レースを勝利で飾ったイスラボニータ(手前)

ダンスディレクターとの叩き合いを制し、引退レースを勝利で飾ったイスラボニータ(手前)【拡大】

 阪神カップを勝ったイスラボニータは、父フジキセキ、母イスラコジーン、母の父コジーンという血統。北海道浦河町・社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、馬主は社台レースホース。通算成績は25戦8勝。重賞は2013年東京スポーツ杯2歳S・GIII、2014年共同通信杯・GIII、皐月賞・GI、セントライト記念・GII、2017年マイラーズC・GIIに次いで6勝目。阪神Cは、栗田博憲調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初優勝。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 イスラボニータ)「イスラボニータにとっての最後のレースなので勝ちたかった。いいポジションが取れたし、とてもいいレースでした。ゆっくりかわせたけど、よかった。決勝戦では前にいられましたから」

★23日阪神11R「阪神カップ」の着順&払戻金はこちら

関連

  • ダンスディレクターとの叩き合いを制し、引退レースを勝利で飾ったイスラボニータ(手前)
  • 激戦が繰り広げられた阪神カップの直線の攻防
  • 阪神カップを制したイスラボニータ
  • イスラボニータを勝利に導いたクリストフ・ルメール騎手
  • 阪神カップをイスラボニータで制した栗田徹調教師(左)とクリストフ・ルメール騎手
  • 阪神カップをイスラボニータで制した栗田徹調教師(左)とクリストフ・ルメール騎手
  • ファンの声援に応えるクリストフ・ルメール騎手。右は栗田博憲調教師
  • 阪神カップを制したイスラボニータとクリストフ・ルメール騎手
  • 阪神カップを制したイスラボニータとクリストフ・ルメール騎手