【阪神C】イスラボニータがラストランで有終V!

2017.12.23 15:54

 12月23日の阪神11Rで行われた第12回阪神カップ(3歳以上オープン、GII、芝1400メートル、定量、18頭立て、1着賞金=6700万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気イスラボニータ(牡6歳、美浦・栗田博憲厩舎)がラストランをレコード勝ちで飾った。タイムは1分19秒5(良)。

 ハナを切ったのはアポロノシンザン、イスラボニータは4頭並びの2番手争いからスッと離脱、中団からレースを進める。直線は外めに進路を選択して、好位から早めに抜けたダンスディレクターに並んだところがゴール。ハナ差でラストランをVで締めくくった。

 2着のダンスディレクター(7番人気)から、さらに1馬身1/4差遅れた3着にサングレーザー(3番人気)。1番人気のモズアスコットはさらに1馬身1/4差遅れた4着に敗れた。

 阪神カップを勝ったイスラボニータは、父フジキセキ、母イスラコジーン、母の父コジーンという血統。北海道浦河町・社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、馬主は社台レースホース。通算成績は25戦8勝。重賞は2013年東京スポーツ杯2歳S・GIII、2014年共同通信杯・GIII、皐月賞・GI、セントライト記念・GII、2017年マイラーズC・GIIに次いで6勝目。阪神Cは、栗田博憲調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初優勝。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 イスラボニータ)「イスラボニータにとっての最後のレースなので勝ちたかった。いいポジションが取れたし、とてもいいレースでした。ゆっくりかわせたけど、よかった。決勝戦では前にいられましたから」

★23日阪神11R「阪神カップ」の着順&払戻金はこちら

閉じる