中央競馬:ニュース中央競馬

2017.12.18 20:18

【阪神C】レース展望(2/5ページ)

重賞5勝、GI・2着2回、3着3回と断然の実績を誇るイスラボニータが中心。ラストランの阪神カップで有終の美を飾れるか

重賞5勝、GI・2着2回、3着3回と断然の実績を誇るイスラボニータが中心。ラストランの阪神カップで有終の美を飾れるか【拡大】

 今年のメンバーではイスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡6歳)が中心となる。皐月賞を含め重賞5勝、GI・2着2回、3着3回と実績は断然。昨年の阪神カップもアタマ差2着と舞台適性を示している。今年の安田記念(0秒4差8着)では直線で前が壁、マイルチャンピオンシップ(0秒3差5着)も直線で他馬とぶつかる不利がありながら、小差の勝負を演じてきた。陣営には不完全燃焼という思いがある。有馬記念のキタサンブラック同様、ラストランのここで、有終の美を飾るか注目だ。

 8週続けて重賞連対中(8勝、2着2回)の3歳馬の勢いも侮れない。中でもサングレーザー(栗東・浅見秀一厩舎、牡)は、4連勝で臨んだ前走のマイルCSで3着に好走。GI初挑戦ながら古馬相手に奮闘した。芝1400メートルは2走前のスワンS勝ちを含め3戦3勝。阪神芝1400メートルも3走前に快勝している。陣営としても、ここを勝って来年の飛躍に弾みをつけたいところだろう。

【続きを読む】