中央競馬:ニュース中央競馬

2017.12.18 19:04

【有馬記念】レース展望(4/5ページ)

有馬記念がラストランのキタサンブラックはグランプリで4回連続のファン投票1位。1着でゴールを駆け抜け有終の美を飾ることができるか

有馬記念がラストランのキタサンブラックはグランプリで4回連続のファン投票1位。1着でゴールを駆け抜け有終の美を飾ることができるか【拡大】

 ジャパンCは10着に大敗したサトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)の巻き返しが注目の的だ。昨年の香港ヴァーズ、今年の宝塚記念とGIを2勝。天皇賞・秋でもキタサンブラックのクビ差2着とその能力の高さは疑いようがない。前走は天皇賞・秋の反動と精神的に難しい面が出たものとみられる。今回は東京スポーツ杯2歳S勝利時にコンビを組んだライアン・ムーア騎手が2度目の騎乗。心身のバランスが整っていれば、宝塚記念に続くグランプリ連覇を達成しても不思議はない。

 一昨年のオークス、秋華賞を制した2冠牝馬ミッキークイーン(栗東・池江泰寿厩舎、牝5歳)は、牡馬と互角に渡り合える実力の持ち主。今年の宝塚記念は0秒3差の3着で、昨年の有馬記念でも0秒4差の5着だった。エリザベス女王杯3着からの臨戦は昨年と同じだが、前走の内容と中間の状態は今年の方が上。瞬発力が問われる展開になれば、ここでも好勝負できる。

【続きを読む】