中央競馬:ニュース中央競馬

2017.12.18 16:05

【中山大障害】レース展望(3/4ページ)

障害重賞7連勝中の最強ジャンパー・オジュウチョウサンが中山大障害に登場予定

障害重賞7連勝中の最強ジャンパー・オジュウチョウサンが中山大障害に登場予定【拡大】

 ここ4戦で3勝と地力強化が目立つのはシンキングダンサー(美浦・武市康夫厩舎、牡4歳)だ。障害馬としてのキャリアは浅く、中山コースも2度しか経験していないが、落馬経験がなく脚質も自在性に富む。手の内に入れている金子光希騎手とのコンビで、世代交代を果たすか。

 阪神ジャンプS2着のルペールノエル(栗東・藤原英昭厩舎、牡7歳)は昨年の3着馬。底力の争いになるとまだ見劣る感は否めないが、大障害コースのキャリアもきっちりと積み重ねてきた。ここでも連下争いに加わるだけの力はある。

【続きを読む】