中央競馬:ニュース中央競馬

2017.12.18 16:05

【中山大障害】レース展望(1/4ページ)

障害重賞7連勝中の最強ジャンパー・オジュウチョウサンが中山大障害に登場予定

障害重賞7連勝中の最強ジャンパー・オジュウチョウサンが中山大障害に登場予定【拡大】

 有馬記念と並ぶ暮れの風物詩が、今年も23日土曜に行われる。ジャンプ界一年の総決算となる第140回中山大障害(J・GI、芝4100メートル)だ。歴代の勝ち馬には、そうそうたる名ジャンパーが名を連ねる一戦。今年は15頭の勇者がエントリーしてきた。手に汗握る人馬一体の攻防を堪能しない手はない。

 特に今年は、オジュウチョウサン(美浦・和田正一郎厩舎、牡6歳)という最強ジャンパーが登場するだけに注目される。春の中山グランドジャンプを快勝した後、軽度の骨折が判明。それでも、経過が良好で前走の東京ハイジャンプで復帰を果たした。あくまでステップレースと思われたが、結果は約12馬身の大差をつける圧勝。力の違いをまざまざと見せつけた。これで障害戦は7連勝。その勢いは、衰えるどころかますます増しているようにさえ思える。「弱点らしい弱点がないのがこの馬のいいところ」と和田郎調教師が愛馬に寄せる信頼は絶大。焦点は、9馬身差をつけた昨年以上の強さを見せるかどうか…という印象さえある。とにかく、不動の中心馬だ。

【続きを読む】