中央競馬:ニュース中央競馬

2017.12.8 05:03

【阪神JF】前哨戦を斬る(1/2ページ)

 《アルテミスS=A》ラッキーライラックが好位から抜け出し、3/4馬身差で快勝した。上がり3ハロン34秒7はメンバー最速。良馬場ながら雨が降る中での勝ち時計1分34秒9は悪くない。2着サヤカチャンはペース配分の巧みさが光った。3着ラテュロス、6着のトーセンブレスは、滑る馬場に脚を取られた印象。

 《札幌2歳S=B》前半5ハロンが1度も1ハロン11秒台にならない超スロー。中団からリズム良く進んだロックディスタウンが、早めにスパートしてファストアプローチを競り落とした。見た目以上の強さを感じさせたが、レースの上がり3ハロン36秒6、勝ちタイム1分51秒4(良)は平凡。

【続きを読む】