中央競馬:ニュース中央競馬

2017.12.8 05:03

【阪神JF】下村レース部長の早出し予想

レース部長・下村静史

レース部長・下村静史【拡大】

 過去10年の阪神JF優勝馬は半数の5頭が、その後にもGIを制している。伸びしろが大きい馬が活躍する傾向が強いレースなので、実績よりも素質を重要視したい。

 ◎は抽選を突破して出走するソシアルクラブ。母のブエナビスタは2008年、母の妹ジョワドヴィーヴルは11年に、同じように1勝馬同士の抽選をクリアして優勝。母系はヒロインとなれる運の強さを持っている。

 素質も確かだ。初戦は後方から上がり3ハロン34秒4の末脚で差し切り。直線では届かないような位置から、母譲りの瞬発力を発揮した。姿勢が低く伸びのあるフォームに将来性の高さを感じる。

 追い切りの動きは上々で、実戦を使った上積みは十分。器用さに少し欠けるので、広い阪神の外回りコースに替わるのもいい。GIを射止める条件はそろった。 (レース部長・下村静史)

★阪神JFの枠順はこちら 調教タイムも掲載