中央競馬:ニュース中央競馬

2017.12.4 18:57

【中日新聞杯】レース展望(2/4ページ)

スズカデヴィアスは今年は白富士Sを勝った後は未勝利ながら、GI大阪杯以外は全て4着以内と堅実な走りを見せている。ここで重賞初制覇を狙う

スズカデヴィアスは今年は白富士Sを勝った後は未勝利ながら、GI大阪杯以外は全て4着以内と堅実な走りを見せている。ここで重賞初制覇を狙う【拡大】

 スズカデヴィアス(栗東・橋田満厩舎、牡6歳)は春の金鯱賞で3着。今年は初戦のオープン特別・白富士Sを勝った後は未勝利ながら、GI大阪杯(11着)以外は全て4着以内と堅実な走りを見せている。前走の福島記念も中団からしぶとく伸びてウインブライトにクビ差2着と善戦。前走から0.5キロ増のハンデ56.5キロも予想された範囲内だ。オーナーのおひざ元で、重賞初制覇の可能性は十分ある。

 メートルダール(美浦・戸田博文厩舎、牡4歳)は昨年の京成杯、共同通信杯、今年の新潟大賞典でいずれも3着と好走。オープンに再昇級して1番人気に支持された前走の関屋記念は12着と大敗したが、前残りのなか、位置取りが中団の後ろでは厳しかった。4カ月ぶりの実戦になるが、中間の動きは上々。ハンデ55キロは新潟大賞典と同じなので問題ないだろう。5勝中、3勝を挙げている2000メートルなら、巻き返しがあっても不思議はない。

【続きを読む】