中央競馬:ニュース中央競馬

2017.11.27 21:28

【ステイヤーズS】レース展望(2/3ページ)

一昨年、昨年とステイヤーズSを制しているアルバート。レース史上初の3連覇を狙う

一昨年、昨年とステイヤーズSを制しているアルバート。レース史上初の3連覇を狙う【拡大】

 フェイムゲーム(美浦・宗像義忠厩舎、セン7歳)はこのレースは初出走になるが、2014、15年とダイヤモンドSを連覇しているスタミナ自慢。トップハンデタイの58キロで出走した2走前の目黒記念で重賞5勝目をマークしたように、7歳でも衰えはないとみていい。休み明けの前走の京都大賞典は10着に敗退したが、叩かれての変わり身が期待できる今回は好勝負必至だ。シュヴァルグランでジャパンCを勝ったヒュー・ボウマン騎手が騎乗する点も魅力。実績的には、この2頭の一騎打ちムードが漂う。

 シホウ(栗東・笹田和秀厩舎、牡6歳)は重賞初挑戦だった前走のアルゼンチン共和国杯で7着に敗れたが、3走前の準オープンの阪神芝2400メートル戦グリーンSでコースレコードをマークして勝った実績がある。前述の2頭には実績では分が悪いが、上位は十分狙えるだろう。

【続きを読む】