中央競馬:ニュース中央競馬

2017.11.25 05:00

イスラボニータ年内引退、12・23阪神Cがラストラン

次走の阪神カップがラストランとなることが明らかになったイスラボニータ

次走の阪神カップがラストランとなることが明らかになったイスラボニータ【拡大】

 2014年の皐月賞馬で、前走のマイルCSは5着だったイスラボニータ(美・栗田博、牡6、父フジキセキ)が年内で引退することが24日、所属する社台サラブレッドクラブのホームページで発表された。

 引き続きルメール騎手とのコンビで臨む阪神カップ(12月23日、阪神、GII、芝1400メートル)がラストラン。来年から北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることが決まっており、すでに種付けの申し込みがスタートしている。

★イスラボニータの競走成績はこちら