中央競馬:ニュース中央競馬

2017.11.15 16:12

【ジャパンC】輸入検疫中の外国馬3頭は軽めの調整(1/2ページ)

 ジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)に出走を予定しており、輸入検疫のため千葉県白井市にある競馬学校国際厩舎入りしている外国馬3頭は、馬場入り初日となった15日、キャンターや速歩で軽めの調整を行った。

 ブームタイム(牡6歳、豪・D.ヘイズ厩舎)のゲイリー・フェネシー調教助手は、「疲れもなく昨日よりも良い状態です。飼葉も全て食べており、水もよく飲んでいます。本日はキャンターで1周しました。動きも良く、リラックスして走っていました。直前に2マイルのレース(メルボルンカップ)を走っているため、まだ調教は軽めにしています」と慎重に調整が進められている様子。

【続きを読む】