中央競馬:ニュース中央競馬

2017.11.14 17:03

【マイルCS】レースの注目点(7/7ページ)

エリザベス女王杯をモズカッチャンで勝ったM・デムーロ騎手。マイルCSを勝てばJRA年間GI最多記録6勝に並ぶ

エリザベス女王杯をモズカッチャンで勝ったM・デムーロ騎手。マイルCSを勝てばJRA年間GI最多記録6勝に並ぶ【拡大】

★自身初のJRA・GI制覇を狙う3騎手

 GIII小倉大賞典、GIII関屋記念を逃げ切ったマルターズアポジー(牡5歳、美浦・堀井雅広厩舎)には武士沢友治騎手(デビュー21年目)、中京記念勝ち馬ウインガニオン(牡5歳、栗東・西園正都厩舎)は津村明秀騎手(同14年目)、ダノンメジャーには北村友一騎手(同12年目)が騎乗を予定しており、勝てばそれぞれ自身初のJRA・GI制覇となる。

 いずれの馬も先行力を武器にしており、昨年の勝ち馬ミッキーアイル同様に逃げ切りVを決めるのか、各騎手がどんな戦法で挑むのか注目だ。

★マイルCSの特別登録馬はこちら 調教タイム&レース前談話も掲載

関連

  • スプリンターズS連覇を達成してマイルGIに挑むレッドファルクス。スプリント&マイルの双方GI制覇を成し遂げれば、ロードカナロアなどに続き史上8頭目の快挙となる
  • 昨年の三冠レース全てで掲示板を確保したエアスピネル。武豊を背にマイルの距離で待望のGI制覇を狙う
  • 2014年の皐月賞を制したイスラボニータだが、その後まだGI制覇はない。約3年7カ月というJRA史上最長勝利間隔のGI制覇がかかる
  • 今春の安田記念を制したサトノアラジン。前走・最下位から同一年度の春秋マイルGI制覇なるか
  • 今年の桜花賞馬レーヌミノルが適距離で巻き返しを図る。史上初の3歳牝馬Vと父ダイワメジャーとの父子制覇を成し遂げられるか
  • デビュー21年目の武士沢友治騎手は、関屋記念を逃げ切ったマルターズアポジーとのコンビで初のGI勝ちに挑む