中央競馬:ニュース中央競馬

2017.11.13 12:41

【編集局から】華やかなムード「全日本馬場馬術大会」(1/3ページ)

優勝した川端俊哉とラムゼス・デアツヴァイタ。左は馬術スペシャルアンバサダーの欅坂46・菅井友香(静岡・御殿場市馬術・スポーツセンター)

優勝した川端俊哉とラムゼス・デアツヴァイタ。左は馬術スペシャルアンバサダーの欅坂46・菅井友香(静岡・御殿場市馬術・スポーツセンター)【拡大】

 京都競馬場でエリザベス女王杯が行われた12日、静岡県の御殿場市馬術・スポーツセンターでは、「第69回全日本馬場馬術大会 Part1」(最終日)が開催されました。メーンの全日本馬場馬術選手権は第1競技(予選)を勝ち抜いた10人による自由演技グランプリが行われ、初出場の川端俊哉選手(29)=アイリッシュアラン乗馬学校=が、昨年のチャンピオン馬ラムゼス・デアツヴァイタと優勝。順位を決める最終得点率は68.850でした。

【続きを読む】