中央競馬:ニュース中央競馬

2017.11.12 17:04

【危ない人気馬】土日連続で消えた人気馬

【危ない人気馬】12日(日)

危険! 【日曜京都11R・エリザベス女王杯】 ⑰ルージュバック

 世代間の力関係が問われる一戦。好メンバーがそろったうえに外国人ジョッキーの存在も気になるが、ドバイターフを勝ったヴィブロスを中心とする4歳勢が上位。ヴィクトリアマイルが4歳馬の1~3着(アドマイヤリード→デンコウアンジュ→ジュールポレール)で決まったことがいい例だ。⑰ルージュバックは5歳。確かに産経賞オールカマーはこれまでにない勝ち方だったし、調整パターンを変えて追い切りのムードもいつになく良かったが、これまでGIは8回挑戦して【0・1・0・7】。自身にGI制覇の最高のタイミングだったとしても、3&4歳馬が強い近年の傾向も含め、すでに取り巻く環境は変わってしまっている。産経賞オールカマー組は近10年で4歳馬【2・1・0・0】に対し、5歳馬【0・0・0・2】という数字もある。外枠もどうか。ペース、勝ち時計はともかく、勝負どころで外へ斜行しながらの前走Vはでき過ぎ? そこはライアン・ムーア騎手? スノーフェアリー(2010&11年)とは馬が違う。

 ※結果…ルージュバックは単勝2番人気(6.2倍)で9着。やはり外枠がかなり影響したように映りました。直線はヴィブロスと一緒に伸びてくるのかとも思いましたが、反応がありませんでしたね。今回はルージュバックを取り上げましたが、1番人気(2.8倍)のヴィブロスが5着に敗れただけにまだまだ検討、勉強の余地があったと反省…。ちなみに、11月に入って【危ない人気馬】の対象になった5頭中、4頭が黒星を喫しています。