【豪エミレーツS】トーセンスターダムがGI2勝目!

2017.11.11 18:36

 11月11日(土)、オーストラリア・フレミントン競馬場で行われたエミレーツステークス(GI、3歳以上、芝2000メートル、1着賞金120万豪ドル=1億434万円)でD.レーン騎手騎乗のトーセンスターダム(牡6歳、オーストラリア・D.ウィアー厩舎)が優勝した。タイムは2分1秒22(良)。中団の後ろ、8、9番手を追走したトーセンスターダムは直線で前が詰まったが、外に立て直し、ゴール前でグイッと伸びて2着に1馬身半差をつけて快勝した。

 トーセンスターダムは父ディープインパクト、母アドマイヤキラメキ、母の父エンドスウィープという血統。JRA所属時は栗東・池江泰寿厩舎の管理馬で、2014年きさらぎ賞・GIII、チャレンジC・GIIIの重賞2勝を挙げた。オーストラリアに移籍後に素質が開花。今回が移籍9戦目で、7戦目のトゥーラックH(10月14日、コーフィールド競馬場、芝1600メートル)に次ぐGI・2勝目となった。

★トーセンスターダムの競走成績(JRA所属時)はこちら

閉じる