「マイルCS」大特集!創刊25周年企画の大型連載も

2017.11.13 09:51

 好評発売中の週刊ギャロップは、秋のマイル王決定戦・マイルCSを特集。血統班、データ班による分析のほか、厩舎リポート、中間の調教など、馬券検討に欠かせない情報が盛りだくさんです。

 本誌が誇る強力な予想陣も見逃せません。スペシャルウィークやアグネスデジタルを手がけた白井寿昭元調教師と、「馬券のプロ」を自認、マツリダゴッホやサウンドトゥルーなどの生産者である岡田牧雄氏がマイルCSの本命に指名する馬は? 岡田氏は東京スポーツ杯2歳Sも攻略します。重賞競走にさまざまな角度から斬り込む、治郎丸敬之氏の「超・馬券のヒント」も必読です。

 創刊25周年企画としてスタートした大型連載「追憶の1993」第4回は、安田隆行調教師が登場。トウカイテイオーとのコンビで皐月賞、ダービーの2冠を制してから2年後、調教師への転身を目前にしていた騎手人生最晩年を語ってくれます。M・デムーロ騎手の「勝利のために」第2回は趣味について。多彩な趣味も結局は…。その共通点に注目です。短期連載「豪州競馬リポート」は最終回。元競馬エイトの鈴木由希子氏が、豪州競馬の祭典・メルボルンCの模様をお伝えします。

 井崎脩五郎氏「競馬史料館」、藤代三郎氏「馬券の真実」、フジテレビ・福原直英アナ「招福馬来」なども好評連載中です。著名馬主によるリレーコラム「○○だけど馬主」の担当は風水研究家のコパ氏。岡部幸雄元騎手の「名手の競馬学」は日本馬向きの海外レースについて解説します。東西トレセン発超抜2歳馬や牧場ホットライン、メイクデビュー東京、京都など、来春のクラシックを目指す2歳馬情報もギャロップにお任せください。

 馬券派もロマン派も週刊ギャロップでとことんお楽しみください。

 週刊ギャロップでは21世紀の名馬シリーズ「ゴールドシップ」「ブエナビスタ」「ウオッカ」「ハーツクライ」(それぞれ84ページオールカラー、定価1000円)を好評発売中です。一時代を築いた名馬たちの名勝負を振り返るとともに、関係者の証言も収録した永久保存版です。一部書店、JRAターフィーショップなどのほか、サンスポe-shop(http://www.sanspo-eshop.com/)、アマゾン(http://www.amazon.co.jp/)、富士山マガジン(http://www.fujisan.co.jp/)でもお求めいただけます。

閉じる