中央競馬:ニュース中央競馬

2017.11.1 05:02

【沢田康文の欧州リポート】オブライエン師「サクソンは特別な存在」(1/2ページ)

サクソンウォリアー(牡2)

サクソンウォリアー(牡2)【拡大】

 米国のR・フランケル調教師が持つ年間GI最多勝にリーチとしていたアイルランドのA・オブライエン調教師は28日の英2歳GIレーシングポストTで新記録を達成。GI26勝目のメモリアルレースの勝ち馬になったのは既報の通り、ディープインパクト産駒の日本産馬サクソンウォリアー(牡2)だった。クールモアのメインステーブルとして常勝のオブライエン厩舎だが、今秋は活躍がとりわけ目覚ましくハイドランジアが勝った9月9日のメイトロンS以降、49日間でGI12勝の固め勝ち。これを異なる10頭で挙げていた。

【続きを読む】