中央競馬:ニュース中央競馬

2017.10.15 14:37

【東京ハイジャンプ】王者オジュウチョウサンが障害重賞7連勝!

第19回東京ハイジャンプを制し、16年の中山グランドジャンプからJRA障害レースの重賞で7連勝を飾ったオジュウチョウサン

第19回東京ハイジャンプを制し、16年の中山グランドジャンプからJRA障害レースの重賞で7連勝を飾ったオジュウチョウサン【拡大】

 10月15日の東京9Rで行われた第19回東京ハイジャンプ(障害3歳以上オープン、J・GII、芝3110メートル、別定、10頭立て、1着賞金=4100万円)は、2016年度のJRA賞最優秀障害馬オジュウチョウサン(牡6歳、美浦・和田正一郎厩舎)が石神深一騎手騎乗に導かれて単勝1.4倍の圧倒的な人気に応え、連覇を達成。これで16年の中山グランドジャンプからJRA障害レースの重賞で7連勝を飾った。タイムは3分32秒5(重)。大差の2着はグッドスカイ(2番人気)で、さらに3馬身半離れた3着にタマモプラネット(6番人気)が粘り込んだ。

 大逃げをうったタマモプラネットの2番手にグッドスカイ。オジュウチョウサンは3番手。この位置取りは変わらず淡々とレースは流れた。最後の4コーナー手前から石神深一騎手が気合を入れるとオジュウチョウサンが追撃開始。直線、最終障害をクリアしてタマモプラネットをかわすと、あとは独走態勢。王者の貫禄を見せつけた。

 オジュウチョウサンは、父ステイゴールド、母シャドウシルエット、母の父シンボリクリスエスという血統。北海道平取町・坂東牧場の生産馬で、馬主は(株)チョウサン。通算成績は20戦10勝(うち障害18戦10勝)。重賞は16年中山グランドジャンプ・J・GI、東京ジャンプS・J・GIII、東京ハイジャンプ・J・GII、中山大障害・J・GI、17年阪神スプリングジャンプ・J・GII、中山グランドジャンプ・J・GIに次いで7勝目。東京ハイジャンプは、和田正一郎調教師、石神深一騎手ともに16年オジュウチョウサンに次いで2勝目。

 ◆石神深一騎手「少しノメっていたので2周目3コーナーでは逃げ切られるかもと思ったが、それでも最終障害を跳んでからはこれだけ引き離して勝つんだからね。改めて強いと思った」

★15日東京9R「東京ハイジャンプ」の着順&払戻金はこちら

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!

関連

  • 長期休養明けを苦にせず2着以下に大差をつけて圧勝したオジュウチョウサン
  • オジュウチョウサンの主戦を務める石神深一騎手
  • オジュウチョウサンを管理する和田正一郎調教師
  • 骨折休養明けを感じさせない走りで圧勝したオジュウチョウサン