中央競馬:ニュース中央競馬

2017.10.13 05:10

【秋華賞】ルメール、ディアドラに太鼓判「めっちゃ速い」(2/4ページ)

ディアドラは坂路コースをパワフルに駆け上がり、好調をアピール。ルメール騎手も大きな期待を抱いている(撮影・榎本雅弘)

ディアドラは坂路コースをパワフルに駆け上がり、好調をアピール。ルメール騎手も大きな期待を抱いている(撮影・榎本雅弘)【拡大】

 歩んできた道は確実に秋華賞へと続いている。トライアルの紫苑Sを制したディアドラが坂路で力強い走り。上がり馬の勢いを前面に出す走りでイキの良さをアピールした。

 「しまいの反応が良かった。すぐに動けましたからね。馬場が悪かったから時計はかかったけど、そのぶんすぐに息が入った」

 橋田調教師がうなずいた。朝一番の冷たい空気を切り裂くように、バランスのいいフットワークで少しずつ迫力を増していく。そして直線へ向いてラストスパート。右ムチ2発に応えるように、ゴール前でグンと加速した。実戦と同様の切れを披露して、4ハロン54秒6-12秒3。全体的に時計がかかっていたこの日の馬場を思えば、上々のタイムだ。

 今回、新たにコンビを組むのはルメール騎手。この日は騎乗しなかったが、調教を確認したあと納得の表情を浮かべた。

 「ちょうどいいコンディションで出られそうだね。1週前のファーストインプレッション(第一印象)は良かった。乗りやすい。息も合いました。全部大丈夫だった」

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!

【続きを読む】