中央競馬:ニュース中央競馬

2017.10.13 05:08

【東西現場記者走る】ラビットラン、独特の感触12秒8(2/3ページ)

ラビットランは単走で軽めの最終調整。力を出せる態勢は十分に整っている(撮影・榎本雅弘)

ラビットランは単走で軽めの最終調整。力を出せる態勢は十分に整っている(撮影・榎本雅弘)【拡大】

 前日の暑さから一転、木曜は秋らしく涼しい朝を迎えた。厚く覆われた曇り空の下、連載3日目の取材に臨んだ。

 注目したのは芝に転戦後、連勝中のラビットラン。勢いと未知の魅力はたっぷりだ。坂路に姿を現したのは午前7時20分過ぎ。単走でラストまで乗り手の手綱は全く動かず、馬なりでフィニッシュ。全体4ハロンは56秒0(1ハロン12秒8)と軽めながら、弾むようなフットワークが目を引いた。角居調教師も納得顔だ。

 「もう(馬は)できているので単走で。乗り手のいうことを聞いて上手に走っていた。現状で一番能力を出せる状態に持ってこられたと思う」。9日にも坂路で4ハロン52秒8をマークしており、仕上がりは万全といえそうだ。

 前走のローズSは、後方から圧巻の差し切り勝ち。「こんなに走る馬だったのか…と。非常に能力が高い」と指揮官の想像をも超えた。もともと「スピードにあふれた軽い走り」で芝デビューのプランもあったが、血統背景からダートで始動。7馬身差の圧勝劇を演じたことから砂路線を歩んだが、2走前に転機を迎えた。予定していたダート戦で除外対象となったため、矛先を向けた芝で圧巻の差し切りを披露。前走の快走につなげた。

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!

【続きを読む】