中央競馬:ニュース中央競馬

2017.10.13 05:03

【菊花賞】アルアイン、2冠へ上積み大!

アルアイン(手前)とサトノクロニクル(奥) =栗東トレセン(撮影・白石智彦)

アルアイン(手前)とサトノクロニクル(奥) =栗東トレセン(撮影・白石智彦)【拡大】

 《美浦》セントライト記念勝ちのミッキースワロー(菊沢、牡)はWコースの3頭併せの外で6ハロン86秒4-12秒9(馬なり)。内2頭に各1馬身先着した。「瞬発力を意識した調教をした。体や息は前走でできているので維持する調整。馬体は締まった」と菊沢調教師。

 《栗東》池江厩舎は3頭出し。皐月賞馬でセントライト記念2着アルアイン(牡)と同3着サトノクロニクル(牡)はCWで併せ、アルアインは6ハロン83秒1-11秒8でクビ差遅れた。「アルアインは動きが全体的に良かったですね。上積みがありそう。クロニクルも調教で動くようになってきた」と池江調教師。神戸新聞杯3着サトノアーサー(牡)は、CWコース6ハロン81秒6-11秒6で1馬身先着し、池江師は「上積みがあります。前走で折り合いがついたのが何より」と続けた。

 神戸新聞杯2着キセキ(角居、牡)は、CWコースを単走で6ハロン86秒1-12秒4。「元気いっぱいでしたし、体調に不安はないですね」と辻野助手。

★アルアインの競走成績はこちら

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!