中央競馬:ニュース中央競馬

2017.10.12 11:42

【秋華賞】ディアドラ充実12秒3!ラスト1冠へ勝負

ディアドラは坂路で単走。ラスト1Fで追い出されると切れのいい脚さばきを見せ12秒3をマークした

ディアドラは坂路で単走。ラスト1Fで追い出されると切れのいい脚さばきを見せ12秒3をマークした【拡大】

 ディアドラは春2冠(6)(4)着だったが、上がり3Fはともに最速。夏の1000万下戦、秋初戦・紫苑Sの差し切りは貫禄勝ちといっていい。

 最終追いは栗東坂路で単走。テンから15秒2-14秒0-13秒1とスムーズにラップを速め、ラスト1Fで追い出されると切れのいい脚さばきを見せ12秒3をマークした。実戦同様の反応の良さで、性能の高さと目下の充実ぶりが伝わってきた。

 「しまいを伸ばすように指示した。時計が少し遅くなったのは馬場が重かったからだろう。反応は良かったし、ラストですぐに動けるところがいい」と橋田調教師。

 連勝した前2走は秋華賞を意識して、札幌、中山の2000メートルを使ったが、イメージとしては京都のほうがいい。「コーナー4つの2000メートルを使ってきたが、広いコースのほうがよりいいと思う。普段から堂々としていて実戦では無駄な力を使わないし、ジョッキーの思いどおりになるところが長所だね」とトレーナー。パワフルな末脚でラスト1冠を射止めるか。(夕刊フジ)

★秋華賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!