中央競馬:ニュース中央競馬

2017.10.12 11:40

【秋華賞】ラビットラン豪脚再び!芝3連勝でVへ

ラビットランは坂路で4F52秒8をマーク。ローズSの豪脚再現に向けて仕上げに抜かりはない

ラビットランは坂路で4F52秒8をマーク。ローズSの豪脚再現に向けて仕上げに抜かりはない【拡大】

 ラビットランは芝2戦目のローズSを豪脚炸裂でモノにした。ダートのデビュー戦で2着を7馬身ちぎった内容から性能の高さは感じ取れていたが、芝での弾けっぷりは予想以上だった。

 栗東坂路で馬なり。そんなに大柄なタイプではないが、ダイナミックなフォームで数字以上に大きく見せる。先週4日にCWコースで併せ馬を消化し、9日には坂路で4F52秒8をマークと、仕上げに抜かりはない。

 「レース後のダメージもなくすぐに乗り込めたし、テンションも上がっていないので、調教でもコントロールが利く。以前は動けなかったCWコースでも動けるようになってきたし、力をつけているね」と辻野助手。

 和田騎手は「経験が浅くてまだ危うさはあるから、流れに乗った競馬をしたい。脚がありすぎるので、道中から仕掛けてはいきたくないんだ」と慎重なニュアンスだが、それだけVを意識している。芝無傷の3連勝で突き抜けるか。(夕刊フジ)

★秋華賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!