中央競馬:ニュース中央競馬

2017.10.12 15:08

【リレーコラム】関西競馬エイト

昨年の秋華賞は紫苑S組でワンツーフィニッシュ。これまで不振だった同出走組にも目配りが必要だ

昨年の秋華賞は紫苑S組でワンツーフィニッシュ。これまで不振だった同出走組にも目配りが必要だ【拡大】

 3日間競馬が終了し、ホッとしたのもつかの間。今週はGIの秋華賞が行われます。圧倒的な強さでオークスを制したソウルスターリングが不在。春の実績馬VS夏にメキメキと力をつけた上がり馬との組み合わせは波乱ムードが漂いますが、過去10年の成績を調べてみると馬単が万馬券で決着したのは意外にもブラックエンブレムが勝った2008年のみ。上位人気馬同士で決まっているケースも多く、穴狙いの大振りは危険かも…。

 データでいえば、以前はローズS組が優位でしたが、昨年は紫苑S組でワンツーフィニッシュ。重賞に格上げされ、出走馬のレベルが上がった印象もあり、これまで不振だった同出走組にも目配りが必要でしょう。この原稿を書いている段階(12日・午前)でまだ本命は決まっていませんが、今年はこれらを踏まえて予想をしてみるつもり。詳しくは日曜版競馬エイトをごらんください(笑)。

 また、今週から競馬エイトは紙面もさらにパワーアップ。どうぞお楽しみに。

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!

竹下幸一(たけした・ゆきかず) 関西エイト想定班 

取材

本命

馬連・ワイド

プロフィル

関西競馬エイト所属。大阪サンスポレース部のアルバイトを経て、2002年に想定班として現場デビュー。ギャンブルとサッカーをこよなく愛する一児のパパ。

予想スタイル

モットーは“厩舎取材が馬券への近道”。スタッフとの何気ない会話からヒントを得ることも多い。主な担当厩舎は安田隆、中尾秀、坂口則など。