中央競馬:ニュース中央競馬

2017.10.10 11:40

【編集局から】夕刊フジ杯オパールSはソルヴェイグがV

逃げ切って夕刊フジ杯オパールステークスを制したソルヴェイグ(左)

逃げ切って夕刊フジ杯オパールステークスを制したソルヴェイグ(左)【拡大】

 秋晴れのなか、8日に京都競馬場で行われた「夕刊フジ杯オパールS」(芝1200メートル)は、1番人気のソルヴェイグが先手を奪うと9番人気ヒルノデイバローの追撃をクビ差退けて逃げ切り勝ち。表彰式では勅使川原豊・夕刊フジ代表から、ソルヴェイグの松山弘平騎手にトロフィーが手渡されました。

 その社杯の10分後に行われた毎日王冠は、1番人気のソウルスターリングが逃げの手に出ましたが、直線であえなく失速。ゴール前で外から追い上げたリアルスティールとサトノアラジンが1、2着とGI古牡馬が底力を見せつけました。10月29日の本番、天皇賞・秋へ楽しみが増す好レースで、◎アラジンの漆山記者が2万3400円をゲットした“馬券プレゼント”もこれで7週連続のヒット。まさに絶好調といっていいでしょう。

 日本列島は選挙一色ですが、競馬も今週の秋華賞からGI3連戦と一気にヒートアップ。フジ予想陣にぜひご期待ください。(夕刊フジ競馬班)

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!