中央競馬:ニュース中央競馬

2017.10.9 15:42

【京都大賞典】7歳牝馬スマートレイアーが重賞4勝目(2/2ページ)

後方一気の差し切りで重賞4勝目を飾ったスマートレイアー。武豊騎手はJRA同一重賞最多の9勝目を挙げた

後方一気の差し切りで重賞4勝目を飾ったスマートレイアー。武豊騎手はJRA同一重賞最多の9勝目を挙げた【拡大】

 スマートレイアーは、父ディープインパクト、母スノースタイル、母の父ホワイトマズルという血統。北海道新ひだか町・岡田スタツドの生産馬で、馬主は大川徹氏。通算成績は27戦9勝(うち海外1戦0勝)。重賞は2014、16年サンケイスポーツ杯阪神牝馬S・GII、16年東京新聞杯・GIIIに次いで4勝目。京都大賞典は、大久保龍志調教師は初勝利。武豊騎手は1987年トウカイローマン、89、90年スーパークリーク、91、93年メジロマックイーン、96年マーベラスサンデー、05年リンカーン、16年キタサンブラックに次いで9勝目で、同一重賞9勝は史上初。

 ◆武豊騎手「(道中は)ためにためていたので、ラストはすごい脚で、直線の半ばでは“進路さえできれば(勝てる)”と思いました。7歳なので今年がラストチャンスのつもりで乗っています。なんとかエリザベス女王杯で結果を出したいですね」

★9日京都11R「京都大賞典」の着順&払戻金はこちら

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!

関連

  • 後方一気の差し切りで重賞4勝目を飾ったスマートレイアー。武豊騎手はJRA同一重賞最多の9勝目を挙げた
  • 後方一気の差し切りで重賞4勝目を飾ったスマートレイアー。武豊騎手はJRA同一重賞最多の9勝目を挙げた
  • 武豊騎手はJRA同一重賞最多の9勝目を挙げた
  • 京都大賞典を制したスマートレイアー
  • 京都大賞典を制したスマートレイアーと武豊騎手
  • 大久保龍志調教師と談笑する武豊騎手
  • 3着に敗れた一番人気のシュヴァルグラン