中央競馬:ニュース中央競馬

2017.10.8 20:30

【みんなの反省会】瞬発力勝負で弱さ見せたソウル(2/3ページ)

毎日王冠で1番人気に推されながら8着に敗れたソウルスターリング。瞬発力比べとなったレース展開に向かなかった印象だ

毎日王冠で1番人気に推されながら8着に敗れたソウルスターリング。瞬発力比べとなったレース展開に向かなかった印象だ【拡大】

椋木TM 素晴らしい体つきで、張りも良かったです。東京の1800メートルから2000メートルは強いですね。

デスク そうですね。東京の芝1800メートルは一昨年の共同通信杯を制していて、2000メートルは昨年の天皇賞・秋でモーリスの2着。連対率10割です。

椋木TM 中団の後ろでじっくり脚をためていました。ミルコ・デムーロ騎手も(天皇賞・秋に次いで)2度目の騎乗でしたから、自信を持っていたんでしょう。

デスク 直線では前に馬を置いて、満を持して抜け出しました。

椋木TM 鞍上は1週前の(栗東坂路での)追い切りで自らまたがって、4ハロン49秒6の好時計をマークしていましから、体調の良さも把握していたと思います。

デスク 連覇を目指していた今年3月のGI、ドバイターフを直前の鼻出血で回避していましたから、7カ月半ぶりの実戦でした。

椋木TM 陣営(矢作芳人厩舎)の力もたいしたものです。

デスク 2着は5番人気のサトノアラジン。安田記念でGIウイナーの仲間入りを果たして以来のレースでした。

椋木TM 末脚勝負の馬で、今回はリアルスティールの後ろにつけて、そのままゴールを駆け抜けました。力は出しています。スタートで一完歩遅れたのが影響…いや、影響はなかったかもしれないですね。(毎日王冠での馬体重は532キロと)大型馬ですから、次走に向けてソウルスターリングやリアルスティールより大きな上積みがあるでしょう。

デスク 3着は4番人気のグレーターロンドン。後方3番手から直線では大外を回って伸びてきました。

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!

【続きを読む】