【2歳新馬】中山5R 大外一気にトーセンブレス

2017.9.17 12:54

 9月17日の中山5R・2歳新馬(牝馬、芝・外1600メートル)は、柴田善臣騎手騎乗の2番人気トーセンブレス(美浦・加藤征弘厩舎)が大外一気の差し切り勝ち。タイムは1分37秒5(稍重)。1番人気のプリモシーンが好位追走から直線で前をさばいて悠々先頭に立ったところを、後ろから2番手を進んだトーセンブレスが大外から強襲。1頭だけ違う脚いろで突き抜けた。

 プリモシーンが1馬身3/4差の2着、さらに1馬身半差遅れた3着に外めを伸びたヒメベニサクラ(6番人気)。

 トーセンブレスは、父ディープインパクト、母ブルーミンバー、母の父ファルブラヴという血統。祖母のタヤスブルームは1998年フェアリーS・GIIIの勝ち馬。

 ◆柴田善臣騎手(1着 トーセンブレス)「スタートがカーッと行くところがあるので、出なくてむしろ良かった。そのぶん、前半リラックスして行けた。距離についてはこれからどうなるかわからないけれど、今日に関してはじょうずに走っていたし、調教のイメージ通りだった。フットワークもいいね」

★17日中山5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

閉じる