ソウルスターリング、毎日王冠に向け帰厩後の初時計

2017.9.13 18:22

 オークス馬ソウルスターリング(美浦・藤沢和雄厩舎、牝3歳)が13日、帰厩後初となる時計を出した。Wコースで4ハロン53秒6-39秒9-13秒2(馬なり)。藤沢和雄調教師は「(今秋)馬場に入って初めて時計を出した。少し体は減ったが、今は480キロくらいまで戻っているので大丈夫だ」と笑顔。秋初戦の毎日王冠(10月8日、東京、GII、芝1800メートル)に向けて順調に調整されている。

★ソウルスターリングの競走成績はこちら

閉じる