アドマイヤミヤビ左前屈腱炎でローズS回避

2017.9.13 18:21

 今年のクイーンC・GIIIの勝ち馬で、オークス3着のアドマイヤミヤビ(栗東・友道康夫、牝3歳)は13日、左前屈腱炎を発症した。

 この日は始動予定だったローズSに向け、ルメール騎手を背にCWコースで併せ馬。馬なりで6ハロン82秒0-12秒2をマークし、ラプソディーア(1600万下)にクビ先着と上々の動きを見せたが、その後に歩様が乱れ、精密検査を行った。友道調教師は「上がってきてから、洗い場で左前脚の歩様に乱れがありました。全治は未定ですが、秋華賞は無理です」と肩を落とした。

★アドマイヤミヤビの競走成績はこちら

閉じる