中央競馬:ニュース中央競馬

2017.9.13 11:26

【神戸新聞杯】レイデオロ仕上がり絶好

美浦Wコースで1週前追い切りを行い4F53秒9を馬なりでマークしたレイデオロ(手前)

美浦Wコースで1週前追い切りを行い4F53秒9を馬なりでマークしたレイデオロ(手前)【拡大】

 次週の神戸新聞杯に挑むダービー馬レイデオロ(牡3歳、美浦・藤沢和厩舎)が、美浦Wコースで1週前追い切りを行った。五十嵐騎手(レースはルメール騎手)を背に僚馬2頭を追走し、4F53秒9-39秒5-13秒3(馬なり)。追えば弾けそうな絶好の手応えを残したまま、外ラヴィエベール(古馬1000万下)、中レッドカイラス(3歳未勝利)に半馬身遅れでゴールした。馬体は一段と迫力を増し、文句なしの仕上がりだ。

 「10キロくらい馬体が増えて、いい夏休みになった。冷静に走れているのもいい。フェアな大きいコースで走らせたくて秋初戦はここに」と藤沢和調教師。神戸新聞杯後はジャパンC直行が濃厚とみられていたが、「天皇賞も菊花賞もあるし、何とも言えない。まずは目の前のレースに全力投球」と、レースの結果次第ともなりそうだ。来週は木曜にルメールが駆けつけて追い切る予定。(夕刊フジ)

★レイデオロの競走成績はこちら

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!