中央競馬:ニュース中央競馬

2017.9.12 20:38

【リレーコラム】週刊Gallop

 『栗東トレセン夏祭り2017』が8月17日、JRA事務所裏の広場で開催された。やきそばやフライドポテト、金魚すくい、ヨーヨー釣りなどの出店に加え、盆踊りや、お笑いライブ、仮面ライダーショーもあり、大人も子供も楽しめるイベントとなった。

 この夏祭りの歴史を調べると、栗東トレセンがオープンした年の2年後、1971年から始まっていることが分かった。欠かさず参加しているという某トレーナーは「競馬の世界はシビアだけど、この日は仕事のことを忘れていろいろな厩舎の人と交流ができる。家族ぐるみで話をする機会なんてめったにないからね。昔は子供を連れて参加していたけど、今では孫と来ているよ。そうやって親子3代で楽しんでいます」と話していた。

 勝負の世界で四六時中、神経をとがらせながら働いている厩舎関係者に楽しんでもらいたい、という福利厚生を趣旨として続けられている夏祭り。記者自身、初めて参加してみて、普段はあまり見ることのできない和気あいあいとした雰囲気に心が和んだ。このところ不穏な朝鮮半島情勢。平和とともに、今後もこういったイベントが続いてほしいと願う。

(週刊Gallop・内田洋子)

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!