エイト仲が責任予想の産経賞セントウルSで的中!

2017.9.10 17:41

 【すばらしき仲馬たち】日曜阪神11R《産経賞セントウルS責任予想》

 先週の札幌の最終レース。前走時にともに◎を打って、高配当を提供してくれたヴォカツィオーネとキチロクステージが昇級で、同じレースに出走。しかも、札幌のフィナーレを飾るレースとなれば買わずにいられないと、2頭の馬連とワイドで勝負したら、見事なワンツーフィニッシュで合計143万4000円のビッグ配当をゲットすることができた。これで、今月終了の『ZBAT!競馬 ガチンコ収支バトル・2017年第3ステージ』の優勝は決まったもの。例えるなら、サイレンススズカの金鯱賞並みのセーフティーリードだろう。さらに今週のメインレースは、今年から産経賞の冠がついたセントウルS。これも何かの縁。“サンケイ”とつく賞レースはすべて獲得して、“永久政権”を作り上げてみせる。

 【阪神11R・産経賞セントウルS】の◎は(7)ファインニードル。前走は降級戦を勝ち上がっての重賞挑戦だったが、いつもと変わらず、好位からレースを進めて、あとは抜け出すだけだったが、前がなかなかあかず、正味追い出せたのはゴール直前だけ。しかし、脚いろは目立っており、スムーズならという競馬を披露。まともなら重賞でも通用することを示す走りだった。前走内容からも広いコースで、頭数減は大きなプラス。前回の借りを返す。

《単勝》
 (7)番 3000円

《馬連》
 (7)-(1)(2)(6)(11)(12)(13)(14) 各1000円

【先週の3連単万券釣果】(競馬エイト紙上) 日曜札幌11R 5万5370円 日曜札幌12R 21万2180円

※結果…関西エイトの仲和弘TM本人が書いている通り、前週に143万4000円の超特大弾を放ち、ガチンコ収支バトルの第3ステージ(7~9月)でついに首位へ躍進。その勢いに乗って社杯の責任予想を務めたところ、◎ファインニードルが好位抜け出しの“横綱相撲”で重賞初勝利を挙げました。単勝3.1倍と馬連((6)-(7))30.9倍を当てて、計4万200円。仲TM、お疲れさまでした!

閉じる