中央競馬:ニュース中央競馬

2017.9.4 15:22

独GIバーデン大賞はギュイニョルが優勝

バーデン大賞を制したギュイニョル(撮影・Kennosuke Sasaki)

バーデン大賞を制したギュイニョル(撮影・Kennosuke Sasaki)【拡大】

 ドイツ最高峰のレース、バーデン大賞(GI、3歳以上、芝・左2400メートル、創設1858年)が3日、バーデンバーデン競馬場で6頭によって争われ、フィリップ・ミナリク騎乗の3番人気ギュイニョル(ドイツ産、独=ジャン・ピエール・カルヴァロ、牡5歳、父ケープクロス)が逃げ切って優勝。連覇を狙った1番人気イキートスが2馬身半差の2着だった。

 タイム2分32秒55(良)。1着賞金15万ユーロ(約1950万円)。13戦5勝。GIは昨年のバイエルン大賞に次いで2勝目。次走は連覇を狙うバイエルン大賞(11月1日、ミュンヘン、GI、芝2400メートル)の予定。2014年に同厩舎のアイヴァンホウ、15年にも同じくイトウがバイエルン大賞V後に来日しており、この馬もジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)参戦の可能性がありそうだ。

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!

関連

  • バーデン大賞を制したギュイニョル(撮影・KennosukeSasaki)