中央競馬:ニュース中央競馬

2017.9.2 15:33

【札幌2歳S】オルフェ産駒のロックディスタウンがV(2/2ページ)

力強い末脚を繰り出して札幌2歳Sを制したロックディスタウン。父オルフェーヴルは今年の新種牡馬で、産駒による重賞勝ちはこれが初めて

力強い末脚を繰り出して札幌2歳Sを制したロックディスタウン。父オルフェーヴルは今年の新種牡馬で、産駒による重賞勝ちはこれが初めて【拡大】

 父オルフェーヴルは今年の新種牡馬で、産駒による重賞勝ちはこれが初めて。クリストフ・ルメール騎手はこの勝利が区切りのJRA重賞50勝目となった。

 クビ差の2着には好位から伸びたファストアプローチ(4番人気)、さらにアタマ差遅れた3着に最後方追走から大外を追い込んできたダブルシャープ(7番人気)。

 ロックディスタウンは、父オルフェーヴル、母ストレイキャット、母の父ストームキャットという血統。北海道白老町・社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、馬主はサンデーレーシング。通算成績は2戦2勝。重賞初制覇。札幌2歳ステークスは、二ノ宮敬宇調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初優勝。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 ロックディスタウン)「ちょうどいいポジションだった。直線は反応が鈍かったので、早くゴールしたかった。よく伸びた。走りますね」

★2日札幌11R「札幌2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!

関連

  • 力強い末脚を繰り出して札幌2歳Sを制したロックディスタウン
  • 札幌2歳Sを制したロックディスタウンとクリストフ・ルメール騎手