中央競馬:ニュース中央競馬

2017.8.28 17:00

【新潟記念】ルミナス“サマー2000”王座へ充実

ルミナスウォリアー

ルミナスウォリアー【拡大】

 夏の新潟の締めくくりはサマー2000シリーズの最終戦。「第53回新潟記念」(9月3日、GIII、芝2000メートル)の注目は、やはり王者の可能性がある高ポイント馬になる。現在10ポイントで3位タイにつけるルミナスウォリアーの充実ぶりがすさまじい。

 函館記念のルミナスウォリアーは5番人気。いわゆるまくり競馬の実績がなく、小回りよりも広いコース向きの印象が強かったが、終わってみれば[9][8][7][3]番手と見事に対応して、1馬身半差の完勝だった。苦手な舞台でポイントを稼げたことで、シリーズ王者への道が大きく開けた。

 その勢いのままに挑む新潟は3戦2勝のドル箱コース。「前走はうまくいった部分が多い。やっぱり新潟のほうが競馬はしやすいはずです」と、和田郎調教師もその適性の高さに自信を持つ。本格化前だった昨年の新潟記念でも0秒3差5着と奮闘しているほどだ。

 6歳の今年の充実ぶりは、普段の動きにもクッキリ。以前はけいこでまるで動かなかったが、今は別馬のよう。先週23日のWコースでも、ラスト1F12秒5とすっかりOP馬らしいアクションを見せていた。

 「中間は短期放牧を挟んだけど、乗り込みは非常に順調。調教で動けるようになったのは、それだけ体幹がしっかりしたってことでしょう。だいぶ力をつけてきたし、何とか2000シリーズの王者にさせたい」と、トレーナーは力を込める。

 シリーズ首位のサクラアンプルールとは現在、3ポイント差。逆転王座へ、渾身の仕上げで臨むことになりそうだ。(夕刊フジ)

★新潟記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!